岩田 義昭 院長先生

この投稿は元々yugamiru.comに掲載されており、(yugamiru.comの)許可を受けて掲載しております。

 

よい整骨院  岩田 義昭 院長先生
【治療院データ】
・治療院:1院 ・来客数:1日あたり20名前後 ・開業:1994年 ・自費比率:保険8:自費2

埼玉県上尾市のよい整骨院さまでは、3ヶ月前からゆがみーるを導入・活用して頂いております。利用方法とその効果についてお話を伺いました。(インタビューは2013年に実施いたしました。)

たとえが適切か分かりませんが「ゆがみーる」は 私とお客様をつなぐ“接着剤”です

ー 整骨院の特徴をおしえて下さい。

埼玉県の上尾市にて、整骨院をやっています。かれこれ、17年になります。 大学在学中から柔整師の勉強を始めてますので、そこから数えますと25年のキャリアになるんですね。もう四半世紀・・・人生の大半ですね。施術は1人でやっています。

当院の周りには整骨院が1つ、カイロ治療院1つ、柔整師を入れてリハビリやっている病院が2つ。そういえば、マッサージもあるな。この10年のあいだに、随分と増えました。

 

ー 1日にご来院される患者さんの数と、実費診療の割合を教えて下さい。

来院数はそんなに多くないですよ。1日に20人前後ですね。多い日もあれば、少ない日もある。自由診療については全体の20%くらいです。取り組んで10年くらいになるのかな。振り返ってみると、耳つぼダイエットなど色々なことをやりましたね。やり始めは良かったんですが…と徐々にフェードアウトしていったサービスもありますし。

 

整体サービスとの組み合わせで、単価&満足度UP

ー 『ゆがみーる』は現状どのように活用していただいていますか?

整体サービスを行うときに利用していますね。まずはその入り口につかっています。

初回だけではなく、1ヶ月後にも測定していまして、比較的長いタームで使っています。たとえが適切か分かりませんが、私とお客さまをつなぐ接着剤みたいなものですね。これを使って細かい専門的な解説も加えていますし、視覚的に現状や施術後の違いを見せる効果もあります。

 

ー 具体的には、どういう使い方をされていますか?

姿勢計測レポート

丁寧にラミネート加工されています。 一手間加えて見た目がグンとよくなります。

まずは、5,000円でやっている整体メニューの初回に測定しています。ゆがみーるを導入することによって、今まで頂いていなかった初診料をいただくことが出来るようになりました。

ゆがみーる』の撮影サービスは2000円に設定していますが、施術とセットで行った場合にはトータル5000円で提供しています。ゆがみーる単体でご利用いただいたことはほとんどなくて、狙い通りに整体のメニューとセットでお申し込み頂いてます。施術の単価アップですね。

あとは、視覚的に今の状況を見せて解説を加える目的でも使っています。姿勢だけじゃなくて筋肉の方も使ってますね。どこが悪いのか説明するのに、とても便利だと思いますよ。

たまに触診結果と合わないことがあるんですけど、それは(関節の位置情報を基準にした予測の結果であることを)正直にお話してます。

測定した後に、2枚の診断書をラミネート加工して患者さんにお渡ししているのですが、これが大好評でみんな喜んでいますよ。

その場でお渡しするか、時間がない場合は「次回までに出しときますよ」とやっています。なにせ1人でやってますからね。受付の子がいたら、診療中に出来るんだけどね。

 

『ゆがみーる』導入の経緯について

ー ゆがみーる を導入したときの経緯を教えてください。

よい整骨院  岩田 義昭 院長先生

バランス整体をやり始めたときに、「施術の単価を上げたい」というのが根底にあって、そのためには、なにかお客さまの納得度や満足感を高める必要があると考えて、導入を決めました。
リスクはあるんですが、客観的に姿勢のゆがみをビジュアル化するということ、数値で表すことによって、お客様の満足度があがると思ったのです。

導入のときに迷ったことですか? うーん。 それは、価格ですね。
私自身は満足しているんですけど、ホームページとかやってもらっている業者さんには「そんなの買うんだったら、もっとホームページの方にお金かけてくださいよ」って怒られました(笑)。

こういうのは、モトをとろうという根性でいると「サービス」面であったり、「価格」の面でかなり無理をしちゃうじゃないですか。そうすると、お客さまも逃げてしまうものだと思うんです。

提供できる施術メニューや、それをつなぐサービスの全体を組み合わせて、単価であったり顧客満足度が相対的にプラスになるのであれば、それでよいんだと思いますよ。
 

この記事を読んでいただきありがとうございます。

黒田篤

記事について:

黒田篤 ジースポート代表取締役

東京大学理学系研究科修士課程にて医療画像処理を研究後、ゴールドマン・サックスに入社しITおよびリサーチに従事。2000年にジースポートを創業後、姿勢や運動の計測・評価技術について多くの研究開発と商品化に携わっています。

ご意見、コンタクト先:LinkedIn facebook

 

Related Posts