VOLTマガ

この投稿は元々yugamiru.comに掲載されており、(yugamiru.comの)許可を受けて掲載しております。

 

VOLT2013年4月号【50代に忍び寄る「自覚なきゆがみ」をハイテク測定器でスキャニング。】の記事中で、ゆがみーるLiteをご利用いただきました! 掲載内容を簡単にご案内いたします。

 

自分のゆがみを視覚で実感!

ー フィットネスエディターが自らのゆがみを測定・分析。

ゆがみーるVOLTレポット

VOLT誌上にて、姿勢分析器ゆがみーるLiteをフィットネスエディターが体感! ご自信で自覚されていたポイントと無自覚だった点を、ゆがみーるの姿勢・筋肉測定結果と見比べていただきました。

 

姿勢・筋肉ともに立位/屈位の結果には納得のご様子。

例えば、運動するたびに体軸がくるって動きがブレることを体感されていたのが、ゆがみーるの姿勢分析シート上では腰位置や腰水平角のズレとなって表れていました。また、筋肉分析シートでも筋肉の緊張と弛緩が予想通りビジュアル化されていました。

 

また、ゆがみーるの診断結果から、「猫背」を治すために肩甲骨と胸椎周りを柔軟にし、「骨盤のズレ」を修正するのに腹部と大腿部周囲の筋バランスを向上させるエクササイズを行うとのことでした。
 
 

この記事を読んでいただきありがとうございます。

黒田篤

記事について:

黒田篤 ジースポート代表取締役

東京大学理学系研究科修士課程にて医療画像処理を研究後、ゴールドマン・サックスに入社しITおよびリサーチに従事。2000年にジースポートを創業後、姿勢や運動の計測・評価技術について多くの研究開発と商品化に携わっています。

ご意見、コンタクト先:LinkedIn facebook

 

Related Posts